読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

touch

建築中心

2016

2016も、もう年の瀬。

 

とにかく時間が経つのが早かったなー今年は

今年最後に色々反省そして来年の抱負を

 

まずプロジェクトに関してこれに関して一番自分にとっては大きかった。

とにかく自分の無力さに直面したのが一番でかかった。

建築を作りたい、そしてその実践を都市の中で展開したい。

その思いが強い反面自分の能力不足に直面した。

 

課題としては

・まず図面が描けない。

・ディテールの引き出しが少なすぎる。

・3D!rhinoマスターしなければ

・現実見えてない。

・あと大事なのはなんでも一人でやろうとしてしまったこと、建築に関しては決して一人でやれる仕事じゃない。そのギャップが

 

やりたいことをできない、理想と現実のギャップ。これが20代男子の抱えるジレンマなのか。。。とひしひし感じた。

 

 

SFCのイベントに参加し建築プロジェクトと多分野の問題の立て方の枠組みが違うこと。扱う分野が異なる、建築は時間がかかるし射程も大きくはない(複製可能ではない)

さらには友人のデザイナーが店舗を二つかまえたことが大きく影響したのかな

 

建築のデザインの射程とはなんだろうかと少し建築に対してモヤモヤした気持ちがあった中で入院

 

ここで色々考えたのだと思う。本を読みながらグダグダするのは久しぶりだった。

中でも響いた言葉は

青木淳の"現代は自分の価値観を疑い続ける時代"といった言葉

その当時の僕にとって大事な言葉だった。

だから入院したのはいい経験だった。 

JUN AOKI COMPLETEWORKS |3 | 2005-2014

JUN AOKI COMPLETEWORKS |3 | 2005-2014

 

 

 

もちろん少しは辛かったけどね笑

財布がなくったし、鼻血で貧血なったけど友人がお見舞いしてくれたし、看護師さんがとにかく凄い人達だったしと色々濃い一週間でした。

 

 

退院そしてモクチンインターン落ちた後、少し考える。

プログラミングを勉強し、多く本も読めた。自分の中で自らの見方としての地図ができ始めた実感があった。

そして大きかったのが神山のWEEKのワークショップ、ものづくりの楽しさを改めて実感したのと同時にやっぱりモノが作りたい。そして色々な人の話を聞く環境を自分の手で作りたいという思いが強くなった。

 

その後、勉強会もスタート

これは裏テーマは未来の嫁を幸せにするためにということで始めたが、そもそも就活してない4人組ということで始めた活動はいかに自らの仕事を持続可能にしていくかその中で理念を実現するための手段や方法などはどういうものがあるかをもっと具体的に考えていこうという20代男子特有の不安を抱えながらの勉強会である。

僕個人としては不動産や金融そして経営にまで視野を広げることができたのかなと思う。ただまだスキルは目標まで到達していない。

卒業後もこれからもずっとやっていきたい。

 

 

研究も建築基準法にミクロにフォーカスすることで建築基準法のパッチワークを日々体感できている。そうした中来年度の就職先も決まり一安心だ。ただ論文のモチベーションはあんまり上がらない笑

早く設計したい。

 

今年を総括する言葉としては「準備」だ。

独立の時に、どれだけサスティナブルな仕事をするか、

嫁を幸せにするか

 

 

生まれて四半世紀

改めて父親と母親のハイブリッドだなと最近思う、

父親の完璧主義とストイックなとこ母親の気を使うとこと責任感

二人のいいとこではあるけど最近自分が人に甘えること、弱さを見せることがとても苦手なことに気づく。

いいところは伸ばして良くないところは修正していきたい。

 

一人の時間が増えた。

このままじゃいずれ挫折をまたするような気がするけど、

今はまだまだ能力不足すぎるから今のままやっていこうとは思ってるし、挫折ももうさすがにいい意味で受け止められるようになっているし、そう言った意味では自信がついてきたのかと思う。

 

 

来年はまず、

・コツコツ貯金すること(100万)

・スキルを習得すること

・資格取得すること(まずは二級かな!)

 

を目指して

コツコツ頑張ろう。