読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

touch

建築中心

読書中

 入院中の読書

都市をたたむ  人口減少時代をデザインする都市計画

都市をたたむ 人口減少時代をデザインする都市計画

 

 ★・・・3.8

専門書!!って感じではないけれどとても分かりやすい本だった!

とくにスポンジシティの概念は一番注目かな。

 

形の合成に関するノート/都市はツリーではない (SD選書)

形の合成に関するノート/都市はツリーではない (SD選書)

 

 ★・・・3.5

 表現が難しい。が「無自覚なプロセス」自体、とても多様な物事に通底される。とおもうのでかなり良い勉強に

とんび (角川文庫)

とんび (角川文庫)

 

 ★・・・3.1

昭和時代の寡黙で不器用な男性像が平成生まれの僕にとっては?となることも多いが、

子、父親、または血縁関係ではない実質上の親子など、そこには愛があり愛ゆえに、優しくなれない。なにか人間の「わかるなー」という部分を描くのが本当に上手だなぁと思いました。

 

ヘヴン (講談社文庫)

ヘヴン (講談社文庫)

 

★・・・3.9

絶望的ともいえるいじめられっことそれをとりまく人たちの絶望的といえるくらいの考えの隔たり、「正しさ」なのか「無意味」なのか

そのパラレルでもある同時に存在する問を今更ながらつきつけられるし、

「強さ」とはなんだろうか。 

 

心屋仁之助の「もうイライラしたくない!」と思ったら読む本 (中経の文庫)
 

 ★・・・3.0

 

・「ちゃうちゃう」

・たりてないから恐い

・自分の狭いルールを本当かと思う。

 

JUN AOKI COMPLETEWORKS |3 | 2005-2014

JUN AOKI COMPLETEWORKS |3 | 2005-2014

 

 ★・・・3.6

 

デザイナーを目指す人なら誰もが抱える「モダニズム」それ自身が

個別的な価値観を疑い続けることといったところ面白かった。

モノではなくククリというのは本当に分かる。

ただ何故伊東豊雄のメディアコスモスが彼の中で響いたんだろう。(公共建築をやっている同士なにか感じるものがあったのだろうか?)